12日目 サクラダファミリア&ドイツへ!
今日の朝ごはんは昨日買ったパンの余りに生ハムを挟んで、生ハムサンドイッチ。
豪華。。
けどパンは0.7ユーロだし、生ハムはスーパーでなんと1ユーロだったのでメチャメチャ安いのです!!!
気温は18℃ちょっと寒いです。。。
そしてついに!!昨日滑り込みで購入できた、サクラダファミリア!!
いきますよーーー。
デデデーーーーーーーーン!!
快晴で最高です!!!
生誕のファサード
この生誕のファサードの一番目立つところにある天使の彫刻は、日本人の外尾悦郎さんという方の製作品だそうです。
この部分です。
自国を代表する建築物の顔になる部分に外国人の作品を飾る、サクラダファミリア責任者の器の大きさ。
そして外尾さんの並々ならぬ努力に胸が熱くなりました。
天使の彫刻部分をくぐり、中へ入ります。
中もすごいです。
メチャメチャ高い天井でデザインも幾何学できたというか独特です。
SNSで友人が投稿していたのを見たことあるのですが、実物を見ると本当に圧倒されます。
ステンドグラスの色彩がとても綺麗です。
ガウディは自身の創作活動の多くで、自然を手本にしており、「全ては自然が書いた偉大な書物から生まれる」という名言を残しています。
この柱も樹をイメージして造られ、芸術性と機能性を兼ね備えているといいます。
冷静にこの規模の建築物をこの数の柱で支えるのって凄いなあ。。
日本で曲がりなりにも建設業界に従事してきたので、そういった意味でも凄みを感じました。
半地下には製作に関わる資料が数多く展示されています。
飛行機の時間が迫っていたので、ゆっくり見ることができなかったのが残念です。。
これでバルセロナはお別れです。
スペインの締めくくりにサクラダファミリアを見れて良かったです。
これからロンドンでトランジットしてドイツのフランクフルトへ向かいます!
ロンドン空港メチャメチャデカイです。(笑)
まずターミナルが5コもあるのがおかしい。
そのうえ、ターミナルの中でも端から端まで歩いて20分ってやばい(笑)
※写真のように1つのターミナルの中の移動のための電車があります
世界のハブ空港、ロンドン空港恐るべし。。
その他、セキュリティも厳しいです。トランジットなのにバルセロナの出国ゲート先で買った水を持って手荷物チェックしたらめっちゃ怒られました。。怖ぇぇ、、、、。
22時20分 フランクフルト空港に到着。
本当は空港に泊まろうかと思ったのですが、体調と気温を考え、
急遽、市内にホテルを予約しました。
空港から市内までの電車の切符の買い方がんからない。。。
どんどん時間も遅くなるのでなかなかテンパリました。
結局わからなかったので、ちょっと割り増しですが、適当に切符を買いましたww
(正規の値段より高いの買ってるし良いでしょ精神です←)
また、ドイツは電車の改札が無いので切符が適当でも乗車しようと思えば乗車できます。
※ただ時々チェックの係員がいて、無銭乗車が見つかると60ユーロ(7800円)の罰金を課せられます。
自分が乗った電車もチェックの係員が来ましたが、自分はなぜかスルーされましたww
ネットで調べていると間違った切符でも罰金を課されることもあったようです!!
本当に運が良かった、、、(笑)
フランクフルト中央駅
ホステルは駅から徒歩3分!0:30くらいになんとかチェックインできました。
また、ガヤガヤしてるバー併設みたいなところで、受付のお兄ちゃんもイケイケ。
適当な仕事ぶりかと思ったらとても良く対応してくれました。ありがとうございました。
ヨーロッパの人って結構親切かもなあ。
おすすめ記事
おすすめの記事