【1ヶ月で世界一周】100万円以下! 総費用を徹底まとめ&分析!

かかった費用を全部公開!

今回インド、カタール(ドーハ)、スペイン、ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、アメリカの8ヵ国を1か月かけて旅しました。
この記事では
①分類別の総費用
②国別の費用
③国別・分類別の1日あたりの費用
④予算の立て方
⑤まとめ(旅中の予算管理について)
以上の項目に分けて、旅でかかった費用を徹底的にまとめ&分析しました!!
大公開です!!

①分類別の総費用

・事前にかかった費用の「飛行機代」「準備費」
・旅先でかかった費用の「食費」「交通費」「観光料」「宿泊費」「お土産」「日用品」
の8コの分類でまとめました。
全部でかかった金額は804,019円でした。
「飛行機代」444,850円
「準備費」48,840円
「食費」58,921円
「交通費」53,065円
「観光料」53,038円
「宿泊費」92,829円
「お土産」21,719円
「日用品」30,525円
半分以上は飛行機代ですね。私はワンワールドグループの世界一周旅行券を使ったので、各移動の値段は分からず一括の値段になります。※全部で13回乗りました。
偶然だとは思いますが、「食費」「交通費」「観光料」が50,000円台と同じくらいなのが面白いですね。
※ちなみに準備費の内訳は
・ビザ費(アメリカ・インド)4,240円
・海外保険(AIS)30,000円
・道具(南京錠×2、SIMカード、Tシャツなど)14,600円

②国別の費用

次に国別でかかった費用をまとめました!

※()の日にちは滞在時間を6時間区切りでカウントした滞在日数

まあこれだけの分析だと「ふーーん」って感じですね。
もうちょっと詳しく分析してみましょう。

③分類別の1日あたりの費用

より細かく分析するため、「食費」「交通費」「観光料」「宿泊費」の4つの項目を1日あたりに換算して比較しました。
※1日にかかった平均的な費用ということで、『インドのデリーからバラナシ移動の飛行機代13,498円』、『ドイツのフランクフルトからベルリン移動の電車代9,464円』は計算から抜いています。

食費(1日あたり)

・お酒を頻繁に飲んだスペイン・ドイツ・ブラジルが高いですね。
・アルゼンチンは常に観光地に居た感じなので、観光地価格で高い水準なのかもしれません。
・印象にありませんでしたがアメリカも案外かかってますね。思い返せば地味にどれも中々な金額してた気がします。
・インドは口に合わなくてあまり量を食べてないというのも安い要因かもしれません(笑)

交通費(1日あたり)

・交通費はどこの国もさほど変わらない印象です。
・アメリカがやや高いのは7日間乗り放題を3日間くらいしか使ってないのが要因かもしれませんね。
・ブラジル・メキシコが治安を気にして結構、Uberを使ったので、やはり少し割高な結果になっています。
・ドーハでも公共機関が少ないのでUberをそこそこ使いました。

観光料(1日あたり)

・アルゼンチンはイグアスの滝でアクティビティのツアーを利用したので、割高ですね(笑)
・スペインはシンプルに入場料が高いということと、お金を払って見るような観光名所が多いのが要因かと思います。

宿泊料(1日あたり)

ちなみに泊まった宿泊タイプは、
インド:ホテル
ドーハ:ホテル
ドイツ:ドミトリー(ホステル)
スペイン:ドミトリー(ホステル)
ブラジル:ホテル
アルゼンチン:ホテル
メキシコ:ドミトリー(ホステル)
アメリカ:ドミトリー(ホステル)
・基本的には途上国はホテル、先進国はドミトリーといった感じでした。
・インド以外は一応、温かいシャワーがちゃんと浴びれて、最低限清潔なベッドで寝れました。
※インドはシャワーが水っぽいところが多かったです。安いホテルならドミトリーの方がむしろいいかも!
・メキシコは途上国なのにドミトリーだったので爆安でした(笑)
※ネットで見るとホテルが高いのに微妙だったのでドミトリーにしました。全然問題無かったです。
・アメリカはドミトリーなのに5000円くらいしました。(場所がブルックリンなので、立地は良いとこでした)
・ブラジルはセールで6000円のとこが3000円で泊まれたので、そのへん加味してご検討を。

④予算の立て方

以上が費用の分析になります。

次にせっかくなので予算の立て方もご紹介したいと思います。

 

筆者式 予算の立て方

①とりあえず行きたい国を選ぶ&滞在日数を決める
②全部のルートの飛行機の値段をざっくり調べてリストにまとめる(※とらべるコ、スカイスキャナーなど)
③総飛行機代+(滞在日数×1日あたり予算)+予備費=「旅の予算」
④算出された「旅の予算」が予定より少なければ、滞在国or日数or1日あたり予算を増やす
④´算出された「旅の予算」が予定より多ければ、滞在国or日数or1日あたり予算を減らす
※1日あたりの予算は削ると結構苦しいです。筆者は1日あたり予算は1万円を推奨。
※でも、なんだかんだ言っても「旅の生活水準」は人それぞれです。私の旅の水準については当サイトのブログを参照ください。(基本的な観光名所に行く、基本的なグルメは食す、最低限清潔なところで寝るという、ごく普通のスタイルです)
※『フランクフルトからベルリンの移動』、『アルゼンチンでのツアー』は旅の途中で決めました。絶対、旅先でそうゆう追加の出費があるので、予備は多めに見ておきましょう!!

ちなみに実際の予算立てはこんな感じでした(笑)

①世界一周したいな。あ!そういえば世界一周券ってあったな!!
②ワンワールドの世界一周券を検索
(値段的に4大陸プランだな!)※4大陸利用で354,600円と謳っているのですが、空港料などでもろもろ444,850円になりました!
③絶対行きたい国を決めました
(インド、スペイン、エジプト、ブラジル、アメリカ(NY)には行きたい!)
④ルートを検索する
(ルート的にエジプトは厳しそうだなあ。逆にドーハ、ドイツ、メキシコは追加しても大丈夫そうだ!)
⑤渡航先の国が決定
(インド、ドーハ、スペイン、ドイツ、ブラジル、メキシコ、アメリカ)※アルゼンチンは旅先で行くことを決めました
⑥滞在日数を決める
(インドは丸3日は欲しいな、ドーハは2日あればいいや、スペインはガッツリ5日いたい、、、、中略)
⑦滞在日数が決定
(最低限自分が行きたいように周るには30日くらいは必要だな)
⑧1日あたりの予算たて

(うーん、宿を3000円くらいの安宿にすれば1日1万円でいけるっしょ!)

⑨総費用を計算
(だいたい、飛行機代45万円+旅先費用(30日×1万円)+予備10万円=85万円だな!!)
⑩算出された予算が大丈夫か確認
(85万円ならまあなんとかなるか!!)
こんなノリでした(笑)
最終的に804,019円なので良い線いってました!!

⑤まとめ

メキシコが安い!

メキシコが色んな面で見て安いですね。ご飯も、観光料も、交通費も安いです。
最近メキシコが日本のメディアでもプッシュしてきるなーと感じます。
(私自身、雑誌POPEYEでの特集を見て行きたくなった側面があります)
治安に不安がありますが、面白い国だと思います!
また、私はコカコーラの500mlペットボトルを、その国の物価指数にしているのですが、メキシコはなんと最安値10ペソ(60円)!!
私が訪れた国の中で過去最安を更新しました!!!
メキシコ爆安です。安い国は楽しいです!!(笑)

最後に

今回初めて30日間という長期間の旅に出ました。
本当に最初は予算をどう立てていいか分かりませんでした。
仕事を辞めて、次が決まらないまま旅に出たので予算オーバーは深刻な問題です。
1日1万円という予算が、果たして妥当なのか、ということも分かりませんでした。
しかし結果的には飛行機代と事前準備代を抜くと、30日間で310,329円と相当予算に近い数字で旅を終えれました。
偶然かもしれませんが、実際に旅先では途中経過を見ながら1日1万円までだからと、我慢したり、奮発したりしました。
つまり、1日あたりの予算を決め、適宜振り返れば、財布のゆるみ易い海外旅行でも予算通りに旅することは不可能ではないということです。
在職中かつ4~5日の旅行であれば、多少の予算オーバーも気にならないかもしれませんが、1か月もしくはそれ以上の旅となると、日々のお金の管理がとても重要になると思います。
※私もよく帰国してから、使い過ぎた。。と反省していました。
始めは少し大変ですが、慣れればそこまで苦ではありません。
これから旅に行かれるみなさま、次の旅はどんぶり勘定を卒業して、お金の管理をしてみてはいかがでしょうか??
以上、旅の計画のお役にたてば幸いです。
ご拝読ありがとうございました。

余談

管理アプリ

ちなみに旅先での費用はZaimというアプリで管理していました。
・カレンダーで日ごとの金額が見やすい
・食費、交通費、宿泊費があらかじめ設定されてるので分類しやすい ※自分でカスタマイズもできます。
・海外通貨価格を入力すると日本エンに変換する機能がある
・データはPCでエクセルデータ(CSV形式)としても出力できる
ざっくりこんな感じの特徴があり、非常に使いやすかったです。
【関連記事】
↓ おすすめ記事 ↓
おすすめの記事