【深川ギャザリア】 ~豊洲でカワセミが見れる!?~
Common kingfisher at Tennōji Park in Osaka, December 2015.

深川ギャザリア

今回は深川ギャザリアへ来てみました!

基本情報

所在地:東京都台東区木場1-5−25
アクセス:メトロ木場駅 徒歩2分(豊洲駅から徒歩20分)
竣工年:2011年
事業主:フジクラ開発・野村不動産
ランドスケープ設計:グラック
ランドスケープ施工:富士植木

みどころ

カワセミが訪れるビオトープ

深川ギャザリア施設内の「フジクラ 木場千年の森」というビオトープエリアで、美しい野鳥で有名なカワセミを見ることができます。

 

私が訪れた時にも運よくカワセミがいました!!沢山の人が写真を撮ったり、双眼鏡を持ってきていました。

 

Common kingfisher at Tennōji Park in Osaka, December 2015.

カワセミ(写真はWikipediaを参照)

見た目の美しさから、"空飛ぶ宝石"と呼ばれたりもします

 

 

アップ。矢印のところにちょこんと留まっています。なんとか肉眼でも確認できました(笑)

 

近くに川が流れているのもあるかもしれませんが、まさか東京都の台東区でカワセミが見れると思いませんでした。正直相当驚きました。

 

小川のせせらぎ

 

池に浮かんでいるのは野鳥用のものでしょうか?

 

園路もコンクリートにウッドチップを混ぜた?変わった舗装で自然度を高める工夫を感じました。

 

四季の小路

 

こちらはビオトープとは別で、ショッピングモールエリアで、大小さまざまな樹木が心地よく配植されていました。

 

口コミ(Google MAP)

ショッピングモールまでの小道が、季節毎に、美しいフラワーガーデンになっています。
雨上がり、雫を纏った草花は艶があって素敵ですね。
思わず撮影したくなるスポットです。
木場駅徒歩5分の複合施設。レストラン街、docomo、カフェ、イトーヨーカドーなどがあり、ヨーカドーには映画、LOFT、スポーツ用品店などもある。冬の時期はイルミネーションが綺麗で、噴水やベンチは子供たちの憩いの場になっている。
スタバは朝早くから22時までやってる。何かと駅近で便利。自転車をしっかり置けるので駅を利用する際は駐輪場を利用すると便利。
庭だけでなく、ショッピングモールも併設されています。口コミを見る限りカワセミの見れるビオトープの存在については知られていないようでした。
残念。。。

コラム

企業の環境への取り組み

この深川ギャザリアは株式会社フジクラ旧深川工場跡地の再開発事業に整備されました。

フジクラという会社は知らなかったのですが、調べてみると、

株式会社フジクラは、東京都に本社を置く光ファイバーや電線、ワイヤーハーネス等を製造する非鉄金属メーカーである。
電線御三家(住友電工・古河電工・フジクラ)の一角。 光ファイバーケーブルの接続で必要な「光ファイバ融着接続機」で世界首位。携帯電話・デジタルカメラ等に使われる「フレキシブルプリント基板」で世界3位。光ファイバーでは世界6位。

連結従業員数が5万7千名と巨大企業でした。。。

また、フジクラは「佐倉 千年の森プロジェクト」として、営業所敷地の緑地の里山化など、生物多様性に配慮した社会活動を行っているようです。さらにその整備した敷地内において、社員研修、社員家族を対象とした「森の探索&芋ほりイベント」等、従業員の健康増進、近隣とのコミュニティ向上等に活用を試みており、非常に先進的な取り組みに驚きました!

ビオトープ

計算されたデザインであるのはもちろんではありますが、2,000㎡という規模においても適切な自然空間を創造できれば、カワセミのような高い自然度を求める野鳥ができるという事実に、ビオトープの更なる可能性を感じました。

ビオトープのような都心における自然復元に興味のある学生さんにはぜひ見に行ってもらえたらなと思います!

参考文献

株式会社フジクラHP 環境活動

CLA 2012年特集

Wikipedia

↓ おすすめ記事 ↓
おすすめの記事