新緑が最高に気持ちいい!【立川グリーンスプリングス】

グリーンスプリングス(GREEN SPRINGS)

今回はグリーンスプリングス(GREEN SPRINGS)を紹介します!

基本情報

所在地:東京都立川市緑町3−1
アクセス:JR 立川駅 徒歩8分
竣工年:2000年
事業主:立飛ホールディングス
マスターデザインアーキテクト:スタジオタクシミズ
ランドスケープ設計:ランドスケープ・プラス
敷地面積:38,900㎡

 

エントランス

 

みどころ

雑木風の庭

グリーンスプリングスに植えられている樹種はケヤキやカツラ、モミジなど新緑がとても綺麗な雑木風の庭に仕上がっています。

 

 

 

完全に個人的な意見ですが、こういった商業施設の植栽は奇抜でもの珍しい樹木などを使い、注目を集めているように思う中、グリーンスプリングスは奇をてらわず、ベーシックな樹種で構成しているからこそこの気持ち良さが生まれるのではないでしょうか!!

 

 

そしてベーシックでありながら新鮮で洗練されているデザイン。完璧です。

 

 

芝生広場

グリーンスプリングスに訪れて一番びっくりしたのがこの芝生の広場!

 

シンプルイズベストとはこのことではないでしょうか。美しいの一言ですね。

 

 

手前からホールに向けやや広がっていく、台形の形状なことも広がり感を感じるポイントなのでしょうか。

 

 

 

そしてなにより芝生のコンディションが完璧すぎる!!

日によって芝生の入れる人日と入れない日があるそうですが、このコンディションの芝生に入れるには幸せすぎます。

 

 

ビオトープ

 

芝生広場の手前にはビオトープが配置されています。メダカなどの生き物が泳いでいました。

 

 

ショウブの花が咲いていました。

 

ビオトープのような水の要素が加わるとより一層自然を感じられるランドスケープになりますね。

 

 

カスケード

 

ホール屋上へとつづく階段はカスケードになっているのですが、私が訪れた際は改修中でした。残念。

 

 

しかし階段からの眺めは最高でした。これでカスケードに水が流れていたらとても気持ちよさそうです。

 

建築

 

建築のことはあまりわかりませんが、このグリーンスプリングスは建築主導でもランドスケープ主導でもなく、共存し引き立てあっているように感じました。

 

低層で木材を基調としたデザインで別荘地のような雰囲気を感じます。

 

 

その他

〇施設内のカフェ

ありがちなスタバじゃないところも好ポイント!!(笑)

 

〇エントランスを上がってすぐの噴水

音に合わせ動いていました!

 

 

〇ホール屋上からの景色

とても開放的です。道路向いの昭和記念公園が見えます。

 

 

〇緑道の沿道

どこから緑道で、どこから施設がわからないです!緑道も素晴らしいですし、グリーンスプリングスも地域に開かれた施設という感じがしますね!

 

まとめ

グリーンスプリングスは上記のように自分の好みにど真ん中な空間でした。圧倒的に気持ちいい空間です!

 

 

しかしながら、気になった点としては「商業施設の収益性」と、「樹木の成長にともなう管理」です。

 

〇商業施設の収益性

大変すばらしい施設だったので何か買って少しでもお金を落としたいと思ったのでですが、飲食店メインでありショップが少ないということに気づきました。

ショップも園芸品やペットグッズ、自転車専門など、エッジは効いているのですが、多くの人が何か買いたいと思うようなショップが少ないのかなと思い、施設の持続性という観点で収益性が少し心配になってしまいました(笑)

 

〇樹木の成長にともなう管理

グリーンスプリングスが完成したのが2021年春、私が今回訪れたのが2021年の春。この施設だけに言えたことではないのですが、完成から1年の段階でもうすでに樹木が完成してしまっていること。

樹木は成長するので、数年後が逆に大きくなりすぎてしまって景色が荒れてしまったといったことがないか心配でした。管理次第ではより良くなるので数年後また成長を見に行くのが楽しみです!

 

ご拝読ありがとうございました^^

参考文献

公式プレスリリース

↓ おすすめ記事 ↓
おすすめの記事